title_media

「一生に一度は行きたい」高知の絶景ホテルと、温かい高知女性の皆さんと

前日の営業部女子課高知支局の圧巻イベント(こちら)の打ち上げ後は、そのまま美しすぎるホテル、ヴィラサントリーニへ。打ち上げでもご一緒させていただいた、ヴィラサントリーニ副社長兼支配人の大井史子さんに連れて行っていただきました。ここはエーゲ海、サントリーニ島?と錯覚する、魅惑なリゾート空間に日頃の疲れも一気に吹き飛びました。さすが高知屈指の人気ホテル、全国から予約が殺到し、その期待以上に応えてくださるような「一生に一度は行きたい」絶景とおもてなし。お世辞抜きで、幸せすぎるステイは胸に迫るものがありました。
また、支配人の大井さんも人たらし的な魅力があり、美しい気品、風貌の奥に潜んだ男前な意思の強さがまたカッコよく、ホテルまでの道中、会話は途切れることはありませんでした。前日の営業部女子課メンバーの皆さんもそうですが、高知女性には本当に仕事もプライベートも家庭も全力楽しむ意欲軸があると感じます。
朝は、静かすぎる太平洋に昇る朝日を。目もあやに美しく、高知の自然をありのままに受け止めることができました。
IMG_1139
IMG_1140
あたりが明るくなると、さらに景観は引き立ちます。真っ青な空、海、真っ白なホテル。本当にエーゲ海に迷い込んだかのような非日常を体いっぱい浴びることができました。
IMG_1149
IMG_3759
IMG_1145
また高知に来たら泊まることを誓って。大井さん、ホテルの皆さま、田中さん&池澤さん、皆さま有り難うございました!
▶ ヴィラサントリーニ(高知)公式サイト
▶ ヴィラサントリーニ フォトギャラリー(行ってみたくなりますよ!)
営業部女子課高知支局の田中まみさん&池澤まゆみさんも合流してくださり、そのまま久礼市場へ。シルバーウィークという日程か、通路はもの凄い人混み。
IMG_1150
この季節しか食せないしんこ(メジカの稚魚、高知名物)を探しに。さすが幻の産物だけあって、既に売り切れになってました。しかし、その代わりといっては私には贅沢すぎる、このカツオ!朝獲れカツオをそのまま藁焼きのタタキと、生のお刺身に食堂で調理してもらい、たらふくいただきました。嗚呼、幸せってこういうことか・・・(笑)
IMG_1151
今回の高知の2日間、私の営業部女子課人生にとって、歴史に残るほど意義あり、将来性を感じ、そして仲間の愛情に包まれました。みんな、それぞれの苦労や経験というターニングポイントを潜り抜けて、自分が主人公のドラマを各々生きている。だからこそ、地元の未来に対して真剣になれるし、他者にも優しくなれるのだと思います。
まみさん、まゆみさん初め、営業部女子課高知支局の皆さん、高知の皆さんに御礼申し上げます。心より感謝です!!
そして、今期からこそ力を入れていく花咲かプロジェクト47、各地域にも頑張って私たち応援遠征に行きたいと思っているので待っててくださいね!

株主総会

弊社CDGの株主総会が25日、無事に開催されました。詳細は当社サイトのIRにてご覧いただければと思いますが、お陰様で今年も増収増益の報告ができました。会場は超満席、より一層株主様の期待を感じることができ、嬉しさ同時に身が引き締まる想いで一杯です。
この1週間は株主総会がピークでしたね。6月から始まった上場企業向けガバナンスコードへの対応が焦点になっています。昔の総会の様子を先輩たちより伺うと総会屋対策に奔走されていたようですが、時代の変化に伴い、株主総会の在り方も変わってきたようです。
仕事における棚卸もしていますが、やりたいことやるべきことが盛りだくさんです。今年も取締役として再任という大役を仰せつかり、期待いただく結果を出すことで報いて参ります。
11659454_863134423762666_6534572613271705824_n

NHKラジオ「ラジオあさいちばん」卒業日でした&The Japan Newsに掲載

レギュラー出演させていただいている、NHKラジオ「ラジオあさいちばん」の中の、あさいちウォッチコーナー。今週末は最後の収録日でした。
私が担当するのは、『暮らしにいかそう!ビジネスのツボ』。
ビジネスシーンで使われるコツを日々の生活にも応用しようという、ビジネススキルを紹介するコーナーです。私のビジネス経験&主婦経験(人生の中で、私は専業主婦の時も一時期ありました)が活かされた?、大変貴重な時間でもありました。
2年間、毎月通ったNHK放送センター。一緒にタッグを組んでくださったベテランアナウンサー・柿沼さんと大久保さんと。さすが話し手のプロ、素人原稿を起承転結に魔法のごとく指導してくださいました。「同じ言葉でもこのような構成表現のほうがリスナーに伝わる」「この伝え方だとよりイメージが確固たるものになりリスナーが想像できる」など、ラジオのプロならではの秘伝のタレをたくさん教授してくださり、収録のたびに目から鱗状態でした。毎度学ぶことが多くあり過ぎで感謝してもしきれません。
IMG_2930
番組を通じて「聴いてますよ!」「たまたまONしたら太田さんがいた!」等々、反響をいただくことこそ励みに繋がりました。この場をお借りして御礼申し上げます。
この日は、初代担当アナウンサーの大胡さんも遊びにきてくださいました。Aプロデュ―サーさん、担当のMディレクターさん、柿沼アナ、大久保アナ、大胡アナ、この2年間心より有り難うございました!
この日の収録は、3月12日あさ7時44分頃放送予定です。※関東、山梨、長野限定
NHKラジオ第一 「ラジオあさいちばん」 ※らじるらじるでも可能
ちなみに・・・
先日の読売新聞掲載記事が、The Japan News にも掲載されました。
自分のことが英字で表記されているなんて、緊張しますが素直に嬉しいです。
IMG_2933
この記事の、読売新聞掲載記事は こちら

立教大学講義「2020年、女子力の未来」

兼任講師を拝命している立教大学の講義もいよいよ最終回。
最後は300名の熱気の中、「2020年、女子力の未来」というテーマで展開しました。
FullSizeRender1
さすが学生さんたちの意識も初回講義と比較して、遥かに醸成されています。
「女子力」視点の5年後、日本社会はどうなっているのか?
かの有名な、指導的立場にいる女性比率30%(202030)や、女性の就業率を73%に(25歳~44歳、2010年は66.5%)、女性役員比率増など、政府も明確な成長戦略を掲げています。
この日は、1年、2年、3年の男女学生がそれぞれの見解で、2020年女子力の未来についてプレゼンしてもらい、会場とはインタラクティブに意見交換。なるほどー、そこまで考えてるんだと感銘する意見も多々。私は「まさに現場で働く立場」として解説を入れました。
2020年、ここにいる学生さんたちこそが主役となる時期です。
5年後は、今よりも女性が「本当に」登用または活躍できるチャンスがあることを信じてます。
* * * * *
今週は移動出張ばかりで、久々に体へたばりました(笑)
この1週間だけで、大阪(本業仕事)→岐阜(営業部女子課)→水戸(本業仕事)→大阪(本業仕事)→大阪(営業部女子課)でした。家庭の事情もあり、すべて日帰りです。いまも、最後の大阪を終えて帰京中の新幹線です。
こうして社会のために活動させていただけること、応援&味方として指導してくれる周囲の皆様の存在はなんて心強いことでしょうか。自分を鼓舞し心から応援してくれる皆様の人情にホロッとする場面もあり、大きな原動力になったのは言うまでもありません。
欲張りな私、当分の間この強行スケジュールは続きます(笑)毎日毎日を悔いなく学びを修養して楽しく一生懸命いきたいです。

2015年もよろしくお願い申し上げます

IMG_2784
新年あけましておめでとうございます。
昨年は、新しい挑戦に向けた大きなキャリアチェンジをはじめ、数々の変化があった一年でした。
思い起こせば、一生の同志になる仲間との出逢いに溢れた一方で、自分の欠点とも向き合わざるを得ない難所も多々。しかしそれらはすべて、人生に豊かさをもたらし、自分に課せられたミッションをより明確にするための糧であったのだと、今になっては感謝しています。
さて、今年はひつじ年。写真にあるように、「乙未(きのと ひつじ)の年です。
昨年は、「甲午」といい、「新しい芽が殻を破って突き上げて伸びたが、反対の力も下から突き上げてくる」ということを表している象形文字だそうです。
それを受けて今年の「乙未」は、次のような意味をなすようです。「新しく芽を出したのはよいが、それが真っ直ぐ伸びずに、いろいろな外気・抵抗勢力に遭って紆余曲折するのが「乙」、「短い一と木から成る字で、一は木の上部の枝葉が茂ることだが下部は暗い」ことを表している文字だとか。
つまり、「せっかく新しく出た芽も紆余曲折あるが、それに屈することなく、茂る枝葉に暗くせず、強いものに育てあげていこう」ということだそう。(安岡正篤先生「干支の活学」参照)
新たに突き上げ掲げた挑戦も、弱さに怯むことなく、明確な形に育んでいく、2015年。
まさに私も昨年、大きなチャレンジに飛び込んだので、今年はその挑戦を確実な実力に変えていくために、「地道に、粘り強く」取り組んでいく一年にしていきたいです。
私たちCDG社は持続的な成長を重ね、お客様、パートナー様、株主様、社会、そして社員皆に幸せをお届けできるよう全力で私も尽くして参ります。
営業部女子課も、今年は元旦に(笑)中期の計画を立ててしまいました。営業女子にとって追い風が吹く今だからこそ、堅実に進化した活動をして参ります。営業女子の活躍に向けて幹部&事務局一同、精力的に活動して参ります。
その他、趣味の登山や自己研さんのための学習計画など、やりたいことがいっぱいです。そのためには、健康がすべて。早寝早起きは鉄則に、同時に「やらないこと」も取捨選択しながら2015年を思いっきり楽しみたいです。
本年度も、どうぞご指導、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

『売れる女性の営業力』おかげさまで12刷になりました!

私の初めての著書である『売れる女性の営業力』が、お蔭様で重版になったと編集者さんより連絡いただきました。有り難いことに、現在で12刷目です。
実はこのタイトルに付随しているキャッチコピーについて、当時、出版社さんにて決定したと電話先で聞いた途端、ゲゲーッ嫌だーっ、としばらく呆然としたのを覚えています(笑)今でも恥ずかしさ満載ですが、それよりもこうして棚にロングセラーとして残り続けていることがどれだけ有り難いことでしょうか。
IMG_2778
左が、初版の帯。右が、現在の帯。
先日愛媛に訪れたとき(このときのブログ)、なんと「第1刷」と書いた初版をお持ちの女性がいらっしゃって、かなり感激でした。
私個人としては、左の初版バージョン、結構気に入っています。
この一冊から、無数の機会に恵まれ、無数の出逢いがあり、ご縁がご縁を呼んで、なんて私は幸せ者なのだろうかとつくづく思います。
こうして重版を重ねて行けるのも、ひとえにご支援いただいているすべての皆様のお蔭です。心より有り難うございます。
そしてこれまた嬉しいのが、つい先日出版したばかりの新刊『『折れない営業女子になる7つのルール』も早速、多くの皆様にご紹介いただいたり、お読みいただいています。感謝以上の感謝の気持ちでいっぱいです。誠に有り難うございます!
cover4c
書店様でも、今までの太田著書と並べてこんな感じで展開いただいているようで有り難い限りです。「ズームインスーパー」等で長年活躍した友人の美人アナウンサー堤信子さんが教えてくれました。信子さん、有り難うございます♪
ちなみに信子さんの著書『旅鞄いっぱいのパリふたたび』もぜひチェックくださいね。
10872089_737508002992982_2112642047_n
知らなかったのですが、書店様によっては太田彩子コーナーも出現したとか?!写真を提供してくださったにいよんさん、ありがとうございました^^
10393550_738701789542350_4352367000483091500_n
▶ 今までの書籍紹介

立教大学白熱講座、今回のゲストは白河桃子さん

IMG_0495
前回の白熱授業に引き続き、今回の立教大学の講義では知人の白河桃子さんをゲストとしてお迎えしました。
白河さんといえば、「婚活」!「妊活」!
そう、一大ブームを引き起した生みの親でもあり、国家政策の委員等も務める少子化ジャーナリスト。白河さんの提唱する「結婚したいなら働く」や「働く妻は夫を自由にする」などの名言が大好きで、私が各講演会に白河さんを講師としてお呼びしたり、私も白河さんの大学の授業にゲスト出演したりさせていただいている仲なんです。
この日も、「産むと働く」名言節が数多く、大学生の皆さんにバンバン刺激を与え続けてくださいました。
IMG_2711
この後の学生さんたちからの質問も、ひっきりなしの人気ぶり。
白河桃子さんの本も、働く女性、そして社会問題として捉えてくださる男性にビシビシスパイスを与えてくださいます。
ダウンロード
「産むと働くの教科書」 Amazon
ダウンロード (1)
「女子と就活」 Amazon
実はこの本には、女性営業について私も登場、取材いただいています。
さて、私の登壇する講義は来年1月。毎度、講師として務めさせていただいているにも関わらず、こんなにも面白いテーマで白熱授業を体験させていただいていること、有り難い気持ちでいっぱいです。