人生の選択に迷う28歳という時期。DODA『age28』に掲載いただきました。

インテリジェンスさんの発行するDODA の特集『age28』に、掲載いただきました。

* * *

出遅れ感や劣等感の塊でスタートした私の社会人生活。
前向きな気持ちなんて一切の欠片もなく、ただ子供を養育するために働かざるを得なかった、というのが現実でした。

その後一心不乱に働いて、途中息子からは
「また保護者会来なかったでしょう」と溜息吐かれたり、「ママはボクよりも仕事ばっかり選んでる」と泣かれた時は、もう胸が張り裂けそうになりました。もっと息子と一緒にいたい、けれど仕事を辞めたくても辞められなかったからです。

ただいつの間にか、働かざるを得なかった仕事が、『ずっと働き続けたい』に変わり、あれだけ泣いていた息子も実は学校にて「お母さんは頑張っているんだ」とハニカミながら話していたよと、後で担任の先生から聞いて、胸から熱いものが一気呵成に込み上げてきた時もありました。

そんな28歳。お恥ずかしながら懐かしく想い出したのが、こちらの記事です。

age28

▶ インタビュー記事はこちら

▶ 今までのメディア掲載

カテゴリー:お知らせ